HMB極ボディのアストラジンはアメリカで特許取得済!


HMB極ボディで一番注目すべき成分はアストラジンです。
色々なHMBサプリを調べましたがアストラジンが配合されているHMBはありませんでした。
今回は、アストラジンがなぜ筋肉サプリに含まれているのかを紹介します。

 

栄養成分の吸収率向上

①アミノ酸、ビタミン、ミネラルの吸収向上
②ATP産生によるエネルギーレベルの向上
③筋肉細胞中のグリコーゲン合成促進
④インスリン感受性の調整

アストラジンはプロテインや機能性飲料、医療用の商品などに採用されている実績があります。
栄養成分の吸収率が上がるのでHMB極ボディは3粒で2100mgのHMBを摂取することができます。
でも、アストラジンのおかげで3150mg摂取した効果に匹敵するとされています。
一日の推奨摂取量は50-150mgでHMB極ボディには50mgが配合されています。

 

ネズミを使った実験によって研究成果は報告されていて、アミノ酸の栄養成分を届ける働きを高めて小腸での栄養の吸収が高まります。
HMBはロイシンの代謝物ですが、ロイシンではアストラジンが含まれていないものに対して58%も上昇したというデータがありました。
ロイシンの他にもクレアチン、アルギニン、グルコースの吸収率も向上するとされています。

 

副作用について

アストラジンは過剰摂取による副作用はなく、国際的な科学委員会に公認された臨床実験研究もされている成分です。
アストラジンが含まれていないサプリと比較した時にアストラジンによる効果を体感している人も多いのが特徴。

 

↓↓【最安値】全額保証付の500円モニター募集中↓↓

 

関連記事

HMB極ボディの口コミや効果は?