HMB極ボディの飲み方【飲むタイミングで効果は変わる?】

HMB極ボディ

HMB極ボディの摂取量は1日3粒だけど、どのタイミングで飲めばいいのか?

HMB極ボディを使いながら週に1回位筋トレする場合の飲み方を研究してみました。
せっかく購入したんだから効果を最大限に発揮させたいと考えて飲み方を調べた内容をシェアします。

 

飲むタイミングや飲み方を間違えるとHMBの効果が半減してしまうとも言われているので要注意です。

 

一度に3粒を飲まない方が良い

HMBの役割は筋肉の成長・分解抑制です。
筋トレで傷んだ筋肉の修復は筋トレ後から始まります。
例えば、筋トレ前に3粒を一度に飲んでしまうと筋トレ後4~6時間後には効果がなくなります。
ですので、朝、トレーニング前、就寝前の3回に分けて飲めば1日中HMBを筋肉に届けることができるんですね。

 

HMBは1日の推奨摂取量は約3000mgとされているので3回に分けてHMB極ボディを飲めば推奨摂取量をクリアできます。

トレーニングする日としない日の飲み方

HMB極ボディはトレーニングをする日はもちろん、しない日も飲むことをオススメします。
筋肉の成長は、筋トレ後から始まり、筋トレをしない日も成長しています。
成長するためにHMBを筋肉に届けてあげるというイメージを持ってもらえば大丈夫です。

 

他のサプリメントとの併用する場合の飲み方について

例えば、普段はプロテインを飲んでいるけど、HMB極ボディも同時に飲んでも良いのかと疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。
プロテインとHMBは併用しても大丈夫ですし、むしろ2つとも摂取するのが好ましいです。

 

そもそもHMBはプロテイン→ロイシン→HMBという順番で筋肉に届きます。
摂取したプロテインはロイシンになり、ロイシンから代謝された成分のHMBが筋肉に届くという仕組みです。

 

筋肉はHMBのおかげだけで成長しているのではないのでタンパク質がきちんと摂取できているか考えてみるのをオススメします。
本格的に筋トレをするなら一番理想的なのは、タンパク質を自分の体重×1.5倍(グラム)を摂取した上でHMBを飲むという飲み方です。

 

週に1回程度の筋トレであればプロテインは特に不要でHMB極ボディのみの飲み方で事足りますね。
逆に毎日筋トレしたりジムに通って週に2~3回本気で筋トレをするなら絶対プロテインは摂取すべきですね。

 

HMBのメリットとデメリット

HMBのメリットはプロテインと違って錠剤だと飲みやすい点にあります。
そもそもサプリメントを飲む習慣のない人はせっかく購入したのに飲む事を忘れてしまうパターンが多いです。
プロテインの場合、牛乳を用意しないとマズイ物も多いので牛乳を買わないといけないですよね。
そういう日常生活にない習慣は続けるのが正直難しいです。

 

その点、HMB極ボディは水だけで飲めるのでご飯を食べるタイミングと夜寝る前に飲めば良いので続けやすいです。

 

デメリットは本気で筋トレする場合、プロテインも必要という事ですね。

 

4回の受取で19940円料金がかかるので毎月5千円位の出費です。
海外製の安いプロテイン(マイプロテイン)だと1kg(1ケ月分)で2500円位かかります。
国産(SAVAS、ザバス)だと5000円位かかるので結構な出費になります。

 

まとめ

HMB極ボディの飲み方のまとめは、3粒を一度に飲まずに3回に分けて飲む。
筋トレ前には必ず飲む事、筋トレしない日も飲むことで毎日飲むことが大切です。
また、筋トレを本気で取り組む場合、プロテインも摂取する必要があります。
週に1回程度の筋トレならHMB極ボディのみで事足りそう。

 

夏目指して良い体を作りましょう!

 

関連記事

HMB極ボディの口コミや効果は?